イーツアップの食材と効能について


🇯🇵イーツアップフードは健康、ダイエットに最も適した食材や調理方法で作られています。身体に必要な成分をバランス良く摂取する事で日常の生活や病気などの予防に様々な効果が期待できます。

玄米 genmai

玄米に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維です。 不溶性食物繊維は、胃や腸の中で水分を吸収して蠕動運動を促し、便秘の解消に役立ちます。 便秘が解消されれば腹部脂肪の減少や栄養素の吸収が良くなることで代謝が上がりダイエットに繋がります。また、糖尿病や癌の予防にも推薦されています。

ビーフ beef

動物性のタンパク質にはいくつかのビタミンが含まれており身体に大きなエネルギーを与えます。また、身体の機能に必要なアミノ酸を多く摂取する事ができます。筋肉の増加やダイエット効果だけではなく、うつ症状の予防や脳の健康を保つことにも効果があります。

鶏胸肉 torimuneniku

むね肉は、もも肉に比べると低カロリーにもかかわらず、たんぱく質がもも肉よりも多く含まれています。たんぱく質の摂取は筋肉の増加につながり、基礎代謝がアップし、脂肪が燃焼しやすい身体になります。また、また鶏胸肉に含まれるイミダペプチドは、抗酸化や疲労回復に効果があると言われ、1日100gの鶏むね肉を摂取すると体内に発生した活性酸素を除去し、身体の疲れを防止することができるとされています。また将来的に認知症の予防にも期待されています。

サヤインゲン sayaingen

サヤインゲンに含まれるβカロテンはレタスのおよそ3倍以上も含まれているようです。 抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力低下の防止、粘膜や皮膚の健康維持、そして、肺などの呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

サツマイモ satsumaimo

さつまいもに含まれるビタミンCは肌のシミ対策や炎症に効果的と言われる栄養素です。さつまいもに含まれるビタミンCはリンゴの約5倍含まれていると言われており、ビタミンEを同時に摂取することでより美肌効果を発揮すると言われています。肌は腸の健康状態とも密接に関連しているので、腸内環境を整えることはとても重要です。

腸内環境を整えて老廃物を排出することで肌の調子を整えてくれる効果があります。

さつまいもに含まれるビタミンB1も脳にとってのエネルギー源であるブドウ糖をエネルギーに変換するときに欠かせない栄養素です。

ビタミンB1が不足すると疲労感や食欲の低下を引き起こし、ストレスを感じやすくなってしまいます。またサツマイモに含まれるカリウムは余分なナトリウムを体外に排出してくれるので、むくみ対策にはとても有効的です。また癌予防や、血糖値の上昇も抑えるとされています。

カリフラワー cauliflower

カリフラワーのビタミンCはレモンにも負けないほど豊富に含まれています。物繊維に守られていることもあり、調理の際にも壊れないビタミンCととも言われています。ビタミンCにはコラーゲンの生成を活発にして、メラニン色素の生成を阻害する作用があるので美肌効果も期待できます。カリフラワーに含まれる食物繊維も白菜やレタスの倍以上とも言われており、便秘解消や、腸内環境を整える効果が、あるとされています

ダイエットを成功させるには腸内環境が良い状態でなくてはいけません。腸内に悪玉菌が優勢の状態になると、血液の循環も悪くなり老廃物が体外に排出されにくくなります。

これを防ぐには、腸内が善玉菌が優勢の状態にならないといけません。その為に食物繊維はとても必要な栄養素となります。カリフラワーにはイソチオシアネートの前段階であるグルコシノレートも豊富に含まれてむくみにも大きな効果を発揮します。またビタミンCも大量に含まれていてストレス解消にも大きな効果があり、がん予防や老化防止にも効果があるとされています。

赤かぶ Beets

ビーツの最も驚くべき健康上の利点の1つは、癌を予防するといわれていることです。ビーツは最近の研究で抗発癌性を示すことが示されています。

ビーツは飲む血液といわれるほど、ビーツは血液や血管に有効な鉄分や葉素などの栄養素を多く含んでおり、一酸化窒素は血管の健康にとても需要な働きをするといわれています。ビーツ特有に含まれる「ベタラン」という化合物は身体から毒素を排泄するのをサポートし、美容やダイエットにとても大きな効果が得られるとされています。また、プレワークアウトにビーツのジュースを飲むことで、運動のパフォーマンスが上がったという例があるほどです。ビーツはスタミナアップにも役立ちます。またビーツに含まれるベタインというアミノ酸成分が、肝臓機能を高めたり、高脂血症を減らし脂肪肝をつきにくくするため、肝硬変や脂肪肝の予防になると言われています。

ズッキーニ zucchini

ズッキーニ100gあたり、310μgのβ-カロテンが含まれています。私たちの体内でビタミンAに変わるカロテノイドのカロテン類の一種で、活性酸素の発生を抑えたり、取り除く働きがあると言われています。 カリウムを多く含んでおり、カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。 また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。またビタミンCも多く含んでり風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

オクラ Okra

さまざまな栄養素が豊富に含まれているオクラは、健康に良い食材です。 まず、オクラに含まれる独特のネバネバとした成分は、主にガラクタンやアラバン、ペクチンなどの食物繊維です。 ペクチンは整腸作用を促し、便秘や下痢を予防して大腸ガンのリスクを減らす効果があるとされるほか、コレステロールを排出する作用でも知られます。

トマト Tomato

トマトは低カロリーでさまざまな栄養成分が豊富な健康野菜。 美肌効果などに役立つビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維などを含んでいます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示